歯科経営にとって大切な事

"歯科医院を選ぶ際には、どの様な点から選ぶのであろうか。
近いから、綺麗だから、評判が良いからなど多々有ると思うが、
その様な考えのもと治療を受けた後思う事は、対応が良かったかどうかである。
治療の仕方が上手、下手という当たり前の判断も勿論出て来るが、
腕が良く対応が良ければ、申し分ないと感じるのは言うまでもない。
患者さんが思う良い歯科医院と言うのは、腕が良く且つスタッフとのコミュニケーションがとれたかと言う事なのである。
初めての患者さんは、痛みと不安を感じながら来院する。
だからこそコミュニケーションをとって緊張をほぐしてあげるのも、必要な事なのである。
もし、たかがコミュニケーションと思っている様であるならば、この先患者さんが増える事は望めないであろう。
例えば、患者さんが治療に対して不服に思う事が起きたとしよう。
ここで肝心なのは、その患者さんは不服をスタッフに伝えるのかと言う事。
患者さんが話しにくい環境と感じ取っていたとしたら、不服に思う事は伝えられないまま、それっきりになってしまう事だろう。
患者さんは歯科医院を選べるのだから、窮屈と感じる様な環境にわざわざ行く事は無くなるのである。
さてここで、歯科医院を経営する上で重要な事は何か考えてみよう。
それは当たり前だが、患者さんが来院してくれるかどうかと言う事。
そして、リコール率や自費率を上げる事が出来るかと言う事である。
では、どうすればそれが可能になるのか考えてみよう。
それは、如何に患者さん目線になれるかと言う事である。

スタッフは口腔内の知識に詳しい分、口腔内に関して無知である患者さんの気持ちが実は分かっていない事が多いのである。
ここの行き違いが意外と患者さんに不安感を与えてしまうのである。
レントゲン1つ撮るにしても何故撮るのか、細やかな説明が無ければ患者さんは疑問を抱いてしまうのである。

1つ1つの事に対して、どこまで患者さんの気持ちをくみ取れるのか、この思いが有るか無いかで、かなりの違いは出て来るのである。
歯科医院経営でお困りの事が有れば、歯科コンサルにご相談を。